連帯債務の事例

連帯債務と聞いてもピンとこないとい言う人は大勢いるでしょう。何せ普段なじみがない言葉ですから。

今は消費者ローンにせよ、保険にしろ、連帯保証人事態必要ないという体制が一般的ですからね。

まだアパートを借りる、あるいは土地を購入するといった不動産関係の取引には生きているようですけれどね。

そういう時でも「連帯債務」という単語はほとんど目にすることがありません。ですから、イメージがわかなくて当然ですよね。

ですが、これから先まったく関わりなく生きていけるという保証はないので、多少の知識を身につけておいたほうが、万が一トラブルに巻き込まれたとしても、最小限の損害で済むかもしれません。

こんな不穏な時代だからこそ消費者も賢くなっておくべきです。


さて、わかりやすい事例と言っても、法律の専門家がおいそれと大事な情報を公開してくれるはずがありません。ですから、あくまでもシュミレーション・レベルです。


ですが、連帯債務が、一見、公正に見えても、よくよく見ると、やはり実に理にかなっていない借り方かが、わかりますよね。


連帯債務は、けっして借金返済の義務を頭数の分だけ分割割り振る制度ではなく、10人いれば10人に同じ額だけ請求できる制度、すなわち貸主に極めて有利な制度だと思っていました。


実際には、同等の債務を背負う人たちで、自分が負うべき割合を相談で決められるのですね。


さらに、もしも10人家族で連帯債務を負っていたとして、誰か一人が全額弁済、借金返済が無事完了、ほかの9人の兄弟の債務が消滅したとしたら、損をする
のは借金を全額弁済した本人だけであって、後に大きな不満が残るかもしれませんよね。

様々なケースに対して、民法はいつでも対応できるだけの解決方法を豊
富に持ち合わせているのだとわかります。


連帯債務といった場合は、やはり家族単位で対象になることが多いようです。

もしも家族の中の誰か一人がこしらえた借金のために、自分の意志とは関係なく連帯債務者となってしまった場合は、臆することなくもよりの弁護士、司法書士、行政書士さんなどに相談してみましょう。

あらゆる法律の知識を駆使して、よりよい解決
方法を提示してくれるはずですよ。

関連ページ

連帯保証人を擁護する法律について
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯保証人の保証責任期間
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯保証人になるということ
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯保証と連帯債務の現状
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯債務とは
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
単純保証(保証人)と連帯保証人の違い
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
債務者本人が破産宣告したら連帯保証人はどうなる?
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。